こんにちは!

常盤中学校保健室です!
保健室は、学校保健の中心として、生徒の皆さんの健康と成長発達を支援し、集団の健康管理・健康診断・健康相談・救急処置等をおこないます。
きちんとマナーを守り、みんなが気持ちよく利用できるよう、以下の点に注意し保健室を利用して下さい。

保健室の利用について
このような時に利用できます
保健室は、けがをしたり、具合が悪くなったり、悩みごとがあるときなどに利用してください。

利用上の注意
1.なるべく休み時間に利用しましょう。
 (付き添いは原則として、保健委員です)
2.一人で保健室に行く場合は、なるべく保健委員に伝えてから行きましょう。
3.授業中に保健室に行く必要がある場合は、授業担当の許可を得てからとし、必要に応じ保健委員が付き添います。

保健室で行う救急処置と対応について
1.学校における救急処置は医療機関受診までの応急処置です。
2.治療行為や内服薬の投与はできません。
3.保健室での休養は病状の変化をみるために行いますので、休養は1時間を限度とさせていただきます。
4.前日までのけがを継続的にみることや、ご家庭でのけがの処置は行うことができません。
5.早退、医療機関への搬送等の際には保護者の方へご連絡いたします。お迎えをお願いすることもありますので、よろしくお願いします。

★緊急連絡先は常時連絡がとれる番号をお知らせください。変更が生じた際には、
早めにお知らせください。


健康診断について
1.定期健康診断で、疾病等(その疑いを含む)が発見された場合、「お知らせ」をお渡ししていますので、早めの受診をお願いします。なお、受診の結果「心配なし」と診断されることもあります。
また、健康診断で異常が発見されなかった場合でも、全く大丈夫ということではありませんので、心配な症状があるようでしたら受診してください。
2.本校は、市内の中でも視力の悪い生徒が多くみられます。1年に1回は受診を心がけ、視力の確認をお願いします。
3.う歯についても、自然に治るものでなく、急に痛み出すこともありますので、早期の受診をお願いします。
  (CO(要観察歯)については、受診が必要なものと家庭で経過観察していただくものがあります。)

学校など集団生活の場では、感染症が発生した場合、集団感染を引き起こすことも考えられます。
次のような感染症にかかり、医師の診断を受けた場合は学校保健安全法施行規定により
「出席停止」となりますので、すぐに学校にお知らせください。
登校後、保護者の方に記入していただく「治癒報告書」を学級担任まで提出してください。

治癒報告書はこちら・・・

  対象疾病 出席停止の期間の基準




第一種




エボラ出血熱
クリミア・コンゴ出血熱
ペスト
マールブルグ病
ラッサ熱
急性灰白髄炎
ジフテリア
天然痘(痘瘡)
A型インフルエンザ
(H5N1)
南米出血熱



 
治癒するまで











第二種












 
インフルエンザ →




百日咳 →



麻しん →


流行性耳下腺炎 →




風しん →

水痘(水ぼうそう) →


咽頭結膜熱(プール熱)→




結核  →
髄膜炎菌性髄膜炎 →
発症後5日(発熱の翌日を1日目とする)を経過し、かつ解熱後2日を経過するまで

特有の咳が消失するまで又は5日間の適切な抗菌薬療法が終了するまで

発疹に伴う発熱が解熱した後3日経過過するまで

耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで

発疹が消失するまで

すべての発疹がかさぶたになるまで

発熱、咽頭炎、結膜炎などの主要症状が消褪した後2日を経過するまで


医師により感染のおそれがないと認められるまで



第三種


腸管出血性大腸菌感染症
流行性角結膜炎
急性出血性結膜炎
コレラ
細菌性赤痢
腸チフス、パラチフス
その他の感染症



感染のおそれがなくなるまで



インフルエンザの場合


日本スポーツ振興センター災害給付制度について
さいたま市では、学校管理下において発生した生徒の災害について必要な共済給付を行うため、独立行政法人日本スポーツ振興センターと災害共済給付契約を結んでいます。本校では、原則全員加入としています。
☆他の公的制度と重複して給付を受けることはできませんので、手続きの前に確認をお願いします。

学校管理下の災害(負傷等)により医療機関で診察を受けた場合
スポーツ振興センターによる給付が優先ですので、次のように手続きを行います。
1、医療機関受診の際は「学校管理下の災害である」と申告し、医療費を支払います。
                ↓
2、手続きに必要な用紙(「医療等の状況」「調剤報酬明細書」等)を学校から受け取り、医療機関で記入を依頼します。
  (「災害状況記録」は生徒本人又は保護者の方が記入して下さい。)
                ↓
3、記入済の「医療等の状況」等と「災害状況記録」を学校へ提出して下さい。
4、学校からスポーツ振興センターへ申請します。

手続の流れ
家庭 → 学校 → さいたま市 → スポーツ振興センター(審査) → 口座入金
 ※口座への入金は2〜3か月後になります。(給付金の支払いまでの医療費は保護者負担となりますので、ご了承ください。
※災害給付の対象、給付の範囲、申請の方法等でご不明な点がありましたら保健室までお問い合わせください。